「分離した自らを罰するほど、人類の本質は愛(一体性)である」

MARTH

MARTH Q & A 公開致しました。

はい、今日もオープンなレクチャーセッションの時間がやってきました。
今日はね、MARTHのハワイのHarpのもとにお届けします。
早速、メッセージをお読みします。

Q: MARTHさん、私は事業を営んできました…正直、私は日本の人間ではないのですが、生まれたのもこの日本で、そして、バカにされてたまるか!差別されてたまるか!くそーちくしょー!そんな想いで、正直頑張ってきました。
そして、事業は大きくなったのですが、今大変なブレイクダウンの中で自分は、なにか問題があったなーというふうに思っています。
MARTHさん。あなたのメッセージを見ていて、なにか大事なことを忘れてしまっていたのではないかと、最近思うのです。
ぜひ、サジェッションをお願いいたします。

MARTH:
というね、非常にインテグリティのある、誠実なお便りをいただき、メールをいただきました。

そうですね。どこの国にも、そのような戦いや争い、分離、ケンカ、悔しさ、恨みや憎しみ、古代からずっと、続いています。争いや戦い。目にものを見せる。思い知らせる。いつか見てろよ。これはね、社長がおっしゃられるとおり、この世界にありますね。

私も実業界にいてよく言われましたが、この実業界で成功するには、劣等感というかですね、悔しさとかそのようなものが強くなかったら、成功はしないんだというようなことを、昔の経営者の人はおっしゃってました。

ただ私は、そう思いませんでした。なぜかというと、まぁ社長がご承知のとおり、自分は寺というか、神社というか、そういうスピリチュアル系の人間なものですから、そもそも基本が一体であるという、ベースに価値観があるんですね。ですから、今のお話しを聞いて、それは皆さんにあることだと思います。そういう分離や戦いが、そのような社会が存在していて、その中で恨みや憎しみという分断があり、分断することに条件づけられてしまう社会ですね。

そうするとケンカの世界とも言えます。比較、また、自我の高揚。または、劣等。これが、自我の苦しみ、つらさ、劣等、猜疑心、恐れ、そこから推進力となって、自我の拡大、高揚、というふうになりますね。

ですから、それをすべてやめてしまう。私など存在しないという無我の、自我の終焉の立ち位置。真我に還る、愛に還る、本質に還るというのは、素晴らしいことですね。

まぁ、自分は、そういうところに立っていますので、ある意味事業家に向かないのかもしれません。
昔の事業家の人はそういうふうに言っていましたね。
まぁ、そんなことで今、アーティストなのかもしれませんが…。

大切なことは、いつからでもいい、何歳からでもいい。一体に気づいて、万物に還ることですね。
何歳でもいい。ひとつにあることで、愛に気づいて、自分が正細胞であることに、がん細胞ではなく、分離細胞でもなく、自我細胞でもない。ただの万物と一体の神の子である。ただ、ただの一体の細胞に過ぎないということですね。

すべてが仲間で、すべてが一体で、あらゆる生命が、あらゆる鉱物が、いや、あらゆる素粒子が、電子が、フォトンが自らである、という立ち位置に還って、恨みや憎しみ、悔しさ、つらさはすべて捨てて、愛に還る。これ以外にないと、私は想います。

そういう怒り、憎しみ、悔しさ、そういうものがあったら、そこを利用され、そこから、あまりよろしくないグループを作ってしまうかもしれません。

悲しみとつらさにさいなまれ、自らを罰し、自らを許せなくなり、自らを愛せなくなり、家族の中でもお互いに愛せなくなり、尊敬できなくなるということも、あるかもしれません。

地位や名誉、お金。それをいくら持っても、人間として美しくなく、愛がなく、素晴らしさもなく、輝きもなかったら、分離して、ケンカと戦いならば、やはり悲しいです。やはりつらいです。

それをすべて捨ててしまうことです。
あなたは神の子で、愛の子どもで、存在の大切な部分です。
自我化してはなりません。分離しては決してなりません。
あなたは、愛そのものに還る責任があります。

なぜなら、あなたはそれそのものだからです。
この一体の世界の中で、愛の世界の中で誰であろうと、誠実に、愛の一部として、存在の一部として、輝いて生きる責任があります。

そこに還るなら、真にあらゆることが良くなるでしょう。
真に繁栄し、真に持続可能な成功があるでしょう。しかし、もし分離し、戦い、恨み、憎しみ、他を滅ぼし、また民を想わなかったとしたら、それが政治の世界の方であろうと、公務員の方であろうと、会社員の方であろうと、事業家の方であろうと、自営業の方であろうと、必ず自らを滅ぼすでしょう。自らを罰するでしょう。自らを目覚めさせようとなさるでしょう。

それほど、誠実で、それぐらいに皆さん愛があり、本当は本質がそれそのものだと、私は長きにわたり啓発のトレーナーをしてきて、人が3日間で愛に戻るのを見てきました。
何十万人の人が、3日で元に、愛に、その人の本質に戻ります。

人間はあらゆる人が愛です。一体です。美しい存在です。それに戻るまで自らを許しません。
それに戻るまで、がん細胞は本質に戻るまで、自らを決して許さないでしょう。

あまりにも自らが愛に戻らなければメッセージし、当然病気にもするでしょう。
自らを滅ぼすこともあるでしょう。目覚めてくれ!お前は愛なんだ!みんなと一体なんだ!民を想い、他国を想い、他の人々を尊び、一体で、力を合わせて、美しい愛の世界。千年続く、美しい世界を共に創ってゆこうと。

人を滅ぼしたり、人を殺したり、やっつけたり、苦しめたりして、自らの愛が、本質がどれほど苦しむか。
そして地位や名誉や何を得ても、悲しいだけです。
嘘にまみれるだけです。

僕は、繁栄は素晴らしいと思うし、豊かさや、地位や名誉やいろんなものを持っていただいて良いと思うのです。
素晴らしい長になってもらい、素晴らしいリーダーになってもらう。それはとっても大切なことです。

しかし、その方が本質に戻ること、その方が愛に戻ること、美しい人生に戻ること。本当のその人の姿に、神の子に戻ること。
それが今人類に何より大切なことだと私は想えてなりません…。

それでは、ここまでにします。
たわ言を言って、すみませんでした。
MARTHでした。

MARTH

__________________________

「 MARTHコラム一覧 」
https://shop.lastramu.com/?mode=f3

「MARTH 書籍 科学的一体性への気づきの書籍」
https://shop.lastramu.com/?mode=cate&cbid=2569918&csid=0

「 ラストラ ヒーリング オンラインショップ 」コンセプト想い
 https://shop.lastramu.com/?mode=f1   
”ラストラー”とは、石板 ムーの一体性を綴った ムーの石板
科学的一体性のある暮らし

争いのない 愛の世界をつくるために東へ向かった
民のものがたり「 東への道 三部作 」by MARTH
https://shop.lastramu.com/?mode=cate&cbid=2571098&csid=4  

MARTHオンラインスクール
「LASTRA Quantum Healing Academy 」
詳細・お問い合わせはこちら http://academy.healinglabel.com/


__________________________

コメント

タイトルとURLをコピーしました