ローズマリー

こだわり商品のこと
DSC_0796

こんにちは
ビッグスマイル Lastra MANA くん 今日もご機嫌。
「ぼくは 何もなくても いつでも幸せ」

オフィスの庭に生えている
ローズマリーとパチリ。

清々しい薫りが心地いいローズマリー
古代より大切にされてきたローズマリーの歴史そして働きをご紹介します。

海の雫 ローズマリー由来

ローズマリーという名前は、ラテン語の「rosmarinusofficinalis」に由来しています。「ros」は露を意味し、「marinus」は海を意味します。
この派生は、ローズマリーの茂みが
北アフリカと地中海の海辺の地域に自生しているという事実におそらく起因しています。したがって、ローズマリーは「海が聞こえる場所」で育つという古代の伝説があります。

ローズマリーの歴史は何千年にもわたる物語です。

ニコラス カルペッパー

ニコラス・カルペッパー(1616-1654)は英国の植物学者、ハーバリスト、医師で
あり、彼の人生の大部分を何百もの薬草の目録に費やしました。彼の2つの偉大な
作品「TheEnglishPhysician」(1652)と「CompleteHerbal」(1653)は、ハーブの薬理学的特性に関する知識に大きく貢献しました。
カルペッパー博士は、患者の病気を治療するためにハーブを使用することに専念し
、同時代の人々は彼が考えていることを批判しました。
最終的に、彼は病気の改善された解決策の探求を通じて、伝統的な医学の知識と方法を変革しました。

カルペッパーによるハーブの使用は、現代の発展の鍵でしたそのほとんどがもともとハーブ起源であった医薬品。カルペッパーは、南北アメリカで見つかった薬用植物について議論している文書を翻訳した先駆者の1人でした。
ローズマリー(ローズマリー水)の利点に関する説明の1つは、カルペッパー博士によって説明されました。「(ローズマリー)水は立派な治療法です-あらゆる種類の風邪、記憶喪失、頭痛、昏睡のすべての治療法です。」
自然の熱を受け取り、保存し、晩年でも体の機能と能力を回復します。それほど多くの良いものを生み出す多くの治療法はありません効果。」(「薬局方Londoniensis」、ニコラス・カルペッパー、1653年)。

「それは、物理的な目的だけでなく、市民的な目的のために、私たちと同じように非常に役立つハーブです」とニコラス・カルペパーは言います。それは、「頭、胃、肝臓、腹の両方のすべての風邪の病気」を助けたと彼は考えました。それだけではありません。このハーブは、鈍くて憂鬱な人が利用するのに適しています。なぜなら、彼らが花を取り、それを粉にして、亜麻布で右腕に結びつけると、この粉は、静脈に作用することによって、通常よりも陽気になります。

ローズマリーの抗菌性

冷蔵庫が登場する何世紀も前に、ローズマリーは肉やその他の食品の防腐剤として使用されていました。ローズマリーの高い抗酸化活性のために、古代人は砕いたローズマリーの葉で肉を包みました。  鮮度が保たれ、香りと味わいが心地よく保たれます。ローズマリーは、蚊、ノミ(ペストの媒介者)、蛾などの害虫の駆除にも使用されました。

ベスト 疫病 流行時のハーブビネガー 4人の泥棒の酢

1630年頃、南フランスでペストが大流行しました。
当時の南フランスではこんな逸話が残されているそうです。

ペスト患者の死体から感染も恐れず金品を盗んでいた4人の泥棒が捕まった。
泥棒に放免するかわりに、
「なぜペスト患者と接触しておきながら、感染しなかったのか」
その理由を明かさせたところ、『ローズマリー、タイム、セージ、ミント、ラベンダーなどのハーブを酢につけこんだハーブビネガー』
を全身に塗っていたからだとわかった。

その後に流行った伝染病でも同じ処方+にんにくを加えることで伝染病から守られたということまで伝わっています。
お酢そのものの殺菌効果とハーブによる治癒効果が絶大だったという話。

パンデミックが起こる度、このハーブビネガーのレシピをベースに
様々なレシピが作られてきました。

ロズマリン酸

ローズマリーにしか含まれないロズマリン酸という化学成分には、抗菌作用や抗ウイルス作用が認められています。また、ロズマリン酸はアレルギーを和らげる作用があることも近年認められ、花粉症の症状緩和にも用いられるているようです。

オフィスに生えているローズマリー

脳の働きを明晰に

古代ギリシャとローマでは、ローズマリーは記憶を強化すると考えられていました。
研究によると、ローズマリーオイルを吸入すると、思考、集中力、記憶力に重要な脳内化学物質であるアセチルコリンの分解を防ぐことができます。

ローズマリーオイルを拡散させた小さな部屋で20人の若者に数学の質問をしたところ、オイルを拡散した部屋では速度と精度が向上しました。

さらに、特定のローズマリー化合物の血中濃度も同様に上昇しました。これは、ローズマリーが呼吸だけで体内に入る可能性があることを示しています。

天然の防虫の働き

化学製品の自然な代替品としてローズマリーオイルを検討してください。
ローズマリーオイルは、効果的な天然の防虫剤でもあることが示されています。

「防虫剤の多くにはDEETが含まれているため(摂取すると毒性があります)、毒性の少ない代替品を探すことが不可欠です」とRothenberg氏は言います。

ローズマリーオイルベースの天然の防虫スプレーを温室トマト植物に散布すると、植物に害を与えることなく、2つの斑点のあるハダニの個体数の52%削減しました。

ローズマリーはまた、有害なウイルスやバクテリアを広める可能性のある特定の害虫を駆除するのに役立ちます。

ローズマリーオイルを他の11種類のエッセンシャルオイルと比較したところ、ジカウイルスを蔓延させるネッタイシマカに対して最も長い忌避効果がありました。12.5%のローズマリーオイルの希釈は、90分間蚊の100%忌避効果がありました。

さらに、10%のローズマリーオイルを含むスプレーは、米国北東部のダニが蔓延している地域で、ライム病を抱える黒足のダニの蔓延を制御するための化学殺虫剤ビフェントリンと同様に効果的でした。

ローズマリーオイルは、害虫の駆除として天然の農薬に使用されています。
さらに、このオイルは、特定の蚊やダニなどの吸血動物を駆除するのに役立ちます。

ストレスからの開放

パンデミックの孤立、経済の不確実性、人々の心が長きに渡り一体性からくる安らぎを失った社会不安の時代には、体のシステムに影響を与えるほどにストレスが高くなります。
よく食べること、運動すること、瞑想などのセルフケアの時間を見つけることはできますが、ローズマリーなどのエッセンシャルオイルもストレスを和らげるのに一役担うことができます。「ローズマリーオイルを吸入すると、抗酸化作用とコルチゾールレベルの低下が起こり、ストレスの緩和につながりました」とローゼンバーグ氏は説明します。

バイオダイナミック農法 無農薬ローズマリーエッセンシャルオイル 10ml
ローズマリーは、地中海地方原産の 多年性の常緑低木で、ハーブの中 でもとても芳香の強い種類です。

局所に使用。

ローズマリーやその他のエッセンシャルオイルは、肌に塗るとすぐに血流に吸収されます。

通常、エッセンシャルオイルはホホバオイルなどの中性キャリアオイルで希釈することをお勧めします。これは、皮膚の潜在的な刺激やオイルの早期蒸発を防ぐのに役立ちます。

局所使用のためにオイルを希釈するためのいくつかの一般的なガイドラインは次のとおりです。

希釈作り方
赤ちゃん0.3%大さじ1のキャリアオイルにつき1滴のエッセンシャルオイルを使用してください
子供達1.0%小さじ1杯のキャリアオイルにつき1滴のエッセンシャルオイルを使用してください
大人2.0〜4.0%小さじ1杯のキャリアオイルあたり3〜6滴のエッセンシャルオイルを使用してください

希釈したら、足の裏や筋肉の痛みなど、体の気になる部分にオイルを塗ります。

【禁忌事項】
ローズマリーやその他のエッセンシャルオイルを、損傷した肌や目などの敏感な部分の近くに塗らないでください。妊娠中またはてんかんや高血圧の場合は、ローズマリーオイルを避けることをお勧めします。

イギリスのバイオダイナミック農園で育ったローズマリー精油

ラストラのローズマリーのプロダクツは、100%純正のエッセンシャルオイル。
イギリスのバイオダイナミック農法で育ったローズマリーで
農園内で育ち、精油に加工しています。

農薬と化学肥料を一切使わない有機的土壌 
そこから汲み上げられる井戸水を使い
様々なハーブを栽培する農場では 
複数の野生動物、鳥たち、ミツバチ、昆虫が定住し、訪れ
何千本もの樹々が育ち花々が咲き乱れる 生命の饗宴が繰り広げられています。

葉っぱ一枚をとっても、物質が先にあるのではなく
エネルギーがあるところに葉の形の植物が生まれます。
Lastraのハーブたちは、生命のかたちそのもの 
“ 宇宙の力 ”が最大限に活かされた生命なのです。

バイオダイナミック農法 無農薬ローズマリーエッセンシャルオイル 10ml
ローズマリーは、地中海地方原産の 多年性の常緑低木で、ハーブの中 でもとても芳香の強い種類です。
最後に 🐧店長お気に入りの1枚。

「ハーブの天然の力で皆様が癒され、守られますように。」マナ。

このページの記事 参考ソース
https://www.wellandgood.com/cleaning-tips-and-tricks-bissell/

コメント

タイトルとURLをコピーしました